Skip to content

春の日に思ふ

img02

だんだん暖かくなってきました。私も沼津に移住してきて3ヶ月目に入りました。やっぱり静岡県は暖かいですね。ただ、東海地震関係の報道が多いのには驚かされます。やっぱり来るのでしょうか?
地震といえば阪神の大震災を思い起こします。静岡はこれだけ警戒情報を流しているので県民の意識も高く神戸ほどの被害には至らないのではないでしょうか?そうであれば良いなと思います。

ところで、神戸というか阪神では震災の後、一時的に震災復興がありクレーン車の稼動が増しました。各 社クレーン車を買い替え、増車し全国からもクレーン車が集まった為10年かかるといわれた復興が3年ほどで終わってしまいました。そうして支払いのあるク レーン車がたくさん残ったのです。

その後の阪神はその反動から一気に不景気に突入していきました。現在の静岡は第二東名高速建設工事ま た静岡空港建設工事等の目玉プロジェクトが稼動を牽引してきています。こういったプロジェクトが終わりかけている感があります。ブレーキをかけるタイミングが問われているのです。

新聞、テレビ等によれば日本経済は確実に回復に向かっているとのことです。第二東名特需による仕事量 を本来の形に調整し本当の景気回復につなげていきたいところです。「春」はいつかやってきます。わたしは桜より梅が好きです。なぜなら梅は寒い冬に耐えその花を咲かせることにより人に春の到来を告げる木だからです。

Published in対話そして探求